【レビュー】スマホもPCもこれ一つ。GaN(窒化ガリウム)搭載で小型軽量なPD対応60W充電器「AUKEY OMNIA PA-B2ホワイト」とAnker「PowerLineⅡ USB-C&USB-C」をレビュー。

レビュー

AUKEY OMNIAシリーズ最小のUSB PD充電器「PA-B2」をレビューします。
2020/8/30時点でau+1 collectionのみの取り扱いとなっていて、充電器は白がいい!と思っている人にとって待望の製品です。
パワートランジスタに窒化ガリウムを用いることで大幅な小型化を実現しながらUSB PD3.0 60Wの高速充電に対応する充電器です。

パッケージ

パッケージはau+1collectionロゴ入りの専用品。
外から実物が見えるようになっていて店頭で質感やサイズ感を確認することができます。
せっかくの専用パッケージなのにサイズが日本に馴染みの薄いインチ表記。
1.7インチは4.31cmですが、スペック上はほぼ1.8インチ=4.57cmなのでちょっと盛った感があります。

裏面には特徴や仕様がズラリ。
GaNの採用によりコンパクトで保護回路もしっかり入って安全に60Wで充電できる、といった内容です。

裏面に貼り付けられたラベルをコインで削るとベリフィケーションコードが出てきます。
これをカメラで読み取ることでオンラインで正規品かどうかの確認ができます。
(QRを使用しているのになぜかコードは手入力が必要)

扉は磁石でパチッと閉じることができ、この感触がつい何度も開け閉めしてしまいそうになる気持ち良さ。
ですがここを開けても中身を取り出すことはできません。

上下の開け口もボンドで接着されていてここからも取り出すことはできません。

タブを持ち上げてベルトを引っ張って開けるのが正解のようです。

そこからバリバリと開けるとようやく中身を取り出せるようになります。
開け方が分かりにくい上、箱を大切にとっておきたい派のユーザーからすると破壊せずに開けられる梱包がいい、と思う人もいるでしょう。

同梱品

保証書、充電器本体、取扱説明書。

保証期間は2年間。
商品名:AUKEY Omnia PA-B2 60W
商品コード:RS0P013W

本体

コネクタはType-Cが一口のみ。
黄ばみもなく綺麗なホワイトで表面はサラサラタッチのマット仕上げ。塗装ではないので塗装剥げの心配はありません。
端子がオレンジ色でデザインのアクセントになっています。

コネクタの上にある白色LEDが発光して通電をお知らせしてくれます。

サイズは実測で厚さ30mm×高さ44.9mm×奥行44.9mm。

重さは85g。
軽量を謳っていますがそれは60W級の従来の充電器に比べての話で、それなりに重さを感じます。

PSEを取得済。
5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/3Aの5つのプロファイルに対応。最大出力60Wです。
100V~240Vで海外でも使用可能です。
形がそっくりなPA-B2Sは最大出力61W(20.3V/3A)、重さも僅かに重く、少しスペックが異なります。

サラサラした手触りも良く、角を落とした形状が馴染んで手に取った瞬間に「これは良いものだ」と思わせられます。
適度な重さが"詰まってる感"を感じさせてくれるのも好印象。

刃は折りたたみ可能。グラつきも少なくカチッとした気持ち良い動きで安っぽさはありません。

白いケーブルと合わせればすっきり綺麗な印象に。

良く見ると隙間と削れた痕のようなものがあります。
全体の造りが良いだけに目立ってしまって惜しいところ。

Type-Cケーブル

接続するケーブルはAnkerのPowerLineⅡ USB-C &USB-C(1.8m)を用意。
型番はA8284です。
3A/60WのUSB-PDに対応し、480Mbpsのデータ転送が可能です。

非常に綺麗に成型されたコネクタ。
ケーブル部分にはシリアルナンバーが印刷されています。

ケーブル径は3.8mm。質感は艶に近い半艶。

柔軟性を持っていますが形状記憶し易い特徴があります。
どちらかというと太め、硬めの部類になりますが、使いにくさを感じるほどではありません。
PD充電と高速データ伝送に対応したケーブルの中では取り扱いやすい方だと思います。

重さは45g。携帯するにも邪魔にならない重さです。

充電テスト①

■テスト機①
・GALAXY S20 5G (SAMSUNG)
・バッテリー容量:4000mAh
・最大充電能力:25W
・USB PD:対応/PPS可
・Quick Charge:非対応

PPS充電にはなりませんでした。
(PPSが確立すると「超急速充電」表示になる)

電池残量5%から100%まで68分。
90%を超えるまでほぼ等速で充電されるという特徴的な結果になりました。
発熱はほとんどありません。

充電テスト②

■テスト機②
・POCO F2 Pro (Xiaomi)
・バッテリー容量:4700mAh
・最大充電能力:30W
・USB PD:非対応
・Quick Charge:対応

電池残量5%から100%まで103分。
純正の充電器より37分も長くかかってしまいました。
USB PD非対応の端末では能力を活かせずかえって遅くなってしまいます。

パソコンの充電

USB PDに対応しているパソコンであればスマホと同様に充電できます。
起動中でも5%の状態から30分で約50%まで充電されました。(Lenovo ThinkPad L380)
さすがに充電器はかなり高温になるため熱のこもりにくい場所で使った方が安心です。
かさばりがちなパソコンの充電器としてみるとこのサイズは衝撃的な小ささです。

講評

まとめると…
・USB PD対応機種なら充電は高速。(非対応だとかなり遅い)
・パソコンも充電可能。
・PPSは非対応。
・ホワイトはau限定

コンパクトでデザインも質感も良く、満足度の高い製品でした。
特にパソコンとの相性は抜群で大きくてかさばる充電器を持ち歩かなくてよくなるメリットは絶大。
スマホもPCも、家でも外でも主力になること間違い無しです。
使用する機器がUSB PD対応であればお勧めできる充電器です。

payment

レビュー